トイレ修理を依頼するならスタッフの対応を見るべき

トイレ

真空ポンプや酸性の薬剤で

作業員

異物やカルシウムが原因

トイレに異物を流すと、つまりが発生することがあります。このような場合、逆流するので、用を足しても水を流すことができなくなります。しかし業者に連絡すれば、つまった異物が除去されるため、トイレを元のように問題なく使用できるようになります。業者は多くの場合、真空ポンプを使ってつまりを解消します。トイレの排水口に専用のカップを取り付け、その内部を真空状態にすることで、異物を吸引するのです。つまりの原因がなくなりますし、異物が大切な品物だった場合には回収もできるので、一石二鳥となります。ただしトイレのつまりは、異物ではなく便やトイレットペーパーが原因となっていることもあります。これらは軟らかいので、通常は排水管内をスムーズに流れていくのですが、排水管が著しく狭まっている場合には、流れにくくなります。そして、排水管内が狭まる原因は、主に尿に含まれているカルシウムにあります。これが内壁にこびりつき、厚みを増していくことで、排水管は徐々に狭まっていくのです。したがってこの場合は、業者はつまりの解消に、カルシウムを分解する酸性の薬剤を使用します。これを排水管内に流し込むと、カルシウムの層が溶けて軟らかくなるので、水で押し流すことが可能となるのです。排水管内が十分に広くなれば、以後は便もトイレットペーパーもつまりにくくなります。また、排水管の内壁がツルツルとした状態になるので、カルシウムの付着自体が予防されます。